イベント&セミナー

TECHNO-FRONTIER 2010 第23回 EMC・ノイズ対策技術展

TECHNO-FRONTIER 2010 第23回 EMC・ノイズ対策技術展



2010年7月21日から23日まで、東京ビッグサイトで開催される「TECHNO-FRONTIER 2010 第23回 EMC・ノイズ対策技術展」に、EMC StudioおよびHarness Studioを出展いたします。 各ソフトウェアの最新機能やメリットを詳しくご紹介するほか、実際にソフトウェアに触れて頂くコーナーもご用意致します。 弊社ブースで皆さまとお会いできることを楽しみにしております。



開催概要

会期 2010年7月21日(水)〜 23日(金)10:00〜18:00(最終日は17:30終了)
場所 東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)
ブース 3X-204/東3ホール(電源システム展エリアでの出展となります)
主催 社団法人 日本能率協会
参加費 無料(事前登録者、招待状持参者の場合)
お申し込みは下記オフィシャルサイトから。
オフィシャルサイト http://www.jma.or.jp/tf/


事例

重要性を増すモータドライブのノイズ問題に対して、JMAGとEMC Studioにより、問題予測と対策検討ができます。

JMAGとEMC Studioを組み合わせた解析を行うことで、トータルなモータドライブのノイズ解析が実現します。



事例 - JMAGとEMC Studioを組み合わせたトータルなモータドライブのノイズ解析


出展製品

EMC設計のための電磁界解析ソフトウェア「EMC Studio

自動車・大型電子機器のシステムレベルの電磁ノイズ問題を得意とする、3次元電磁界解析ソフトウェアです。ガラスアンテナなど、自動車特有の課題に適した解析機能を、多数取り揃えています。特にワイヤーハーネスに関して豊富な機能を持っており、ツイストペア線やシールドケーブルの解析、さらには回路と電磁界の連携による高精度な放射エミッション解析も可能です。

解析例

  • 車載ワイヤーハーネスのクロストーク
  • 車載LANのシグナルインテグリティ
  • シールドケーブルからの漏洩電磁界の解析
  • ケーブルから発生したノイズによるラジオ雑音の予測
  • ガラスアンテナの最適設計
  • スマートエントリー等、車載無線システムの設計


EMC設計のための電磁界解析ソフトウェア「EMC Studio」



車載ワイヤーハーネスのデータ閲覧・評価ソフトウェア「Harness Studio

自動車のワイヤーハーネスの設計データを対象とする、データブラウザです。従来ばらばらに管理されることが多かったハーネスのメカ(形状)情報と回路情報を1つにまとめ、設計・評価の現場で必要とされる様々な様式でデータを表示・診断することができます。しかも動作は一般のCADと比較して高速です。EMC Studio連携させることで、EMCシミュレーションモデル作成を大幅に効率化することもできます。



車載ワイヤーハーネスのデータ閲覧・評価ソフトウェア「Harness Studio」


お問い合わせ

株式会社JSOL エンジニアリング本部
cae-info@sci.jsol.co.jp


 



ページトップへ戻る
NTT DATAグループ 日本総研