製品情報

EMC Studio Ver. 5.0 リリースのお知らせ

このたびEMC Studioの最新バージョン、EMC Studio Ver.5.0をリリース致しました。新たな解析、より使いやすさを増したGUIを、ぜひ皆さまの製品開発にご活用ください。


ソルバー関連


モデル作成関連






ガラスアンテナの解析(グリーン関数)【EM, Hybrid】

  • Green関数という手法を応用して、自動車のガラスアンテナを高速・高精度に計算することが可能になりました。同様の手法で、パッチアンテナ等の解析もより正確に行えるようになりました。

ガラスアンテナの解析(グリーン関数)【EM, Hybrid】


ガラスアンテナの解析(グリーン関数)【EM, Hybrid】




シールドケーブル解析の高速化【Hybrid】

  • シールドケーブルの解析を高速化する手法が導入されました。モデルによって、2倍から10倍のスピードアップが期待できます。


シールドケーブル解析の高速化【Hybrid】




キーレスエントリー解析の支援機能強化【EM】

  • 自動車のキーレスエントリーシステムの解析を支援する、モデル生成支援ツール、結果処理支援機能が追加されました。


キーレスエントリー解析の支援機能強化【EM】




Sパラメータの等価回路変換【System Simulation】

  • Touchstone形式のSパラメータのデータを、Spiceの等価回路モデルに変換することができます。


Sパラメータの等価回路変換【System Simulation】



近傍界放射源【EM, Hybrid】

  • 各種シミュレーター、または測定によって得たノイズ源周辺の近傍電磁界分布を読み込み、放射源として設定することができるようになりました。


近傍界放射源【EM, Hybrid】



ケーブルのランダムねじれの解析【Hybrid】

  • ケーブルがランダムにねじれた状態でのノイズ解析の機能が強化されました。


ケーブルのランダムねじれの解析【Hybrid】



新しい回路素子の追加【System Simulation, Hybrid】

  • 回路作成画面で設定できる回路素子が増え、サイリスタ、オペアンプ、各種フィルタ等が使用可能になりました。



解析タイプHybridの新設(Hybrid)

  • 従来XTalk、Radiation Hybrid、Susceptibility Hybridの3つに分かれていた解析タイプを、1つの新しい解析タイプHybridに統合し、使いやすさの向上とモデルの共用化を実現しました。


解析タイプHybridの新設(Hybrid)



Geometryモードの形状作成機能の強化(EM,Hybrid)

  • 形状作成を行うGeometryモードの機能が大幅に拡張されました。形状の連続コピー、線と線の交点の分割、複数のPointのマージ、面取り、正射影など、EMC Studio上での形状作成・修正の自由度が高まりました。


Geometryモードの形状作成機能の強化(EM,Hybrid)



モデルライブラリ機能

  • 基本的なアンテナ、EMC試験装置のサンプルモデルをまとめたモデルライブラリが追加されました。寸法のパラメータを設定するだけで、簡単に解析モデルを生成することができます。またユーザー自身がモデルを作成し、ライブラリに追加することも可能です。


モデルライブラリ機能



CADインポート機能の拡充(EM, Hybrid)

  • 新たにSTEP、Parasolidのデータの読み込みが可能となりました。(ご使用には、CAD Converterのライセンスが必要となります)



メッシュ修正機能の強化(ReMesh)

  • 複数のメッシュどうしを一斉に接合する操作が可能になりました。また、形状を複数の面に自動的に分け、面ごとにメッシング方法を制御することが可能になりました。


メッシュ修正機能の強化(ReMesh)


メッシュ修正機能の強化(ReMesh)




この他にも、多数の新機能が追加されています。
詳しいお問い合わせは、EMC Studioカスタマーサポート窓口までお寄せください。
TEL:03-5859-6024 (平日10時から17時)
E-Mail:emc-support@sci.jsol.co.jp




>> EMC Studio Ver.4.0リリースのお知らせはこちら





ページトップへ戻る
NTT DATAグループ 日本総研